ヒメボタルは名古屋市内ではどこで、いつ観られる?

生活

ゴールデンウイークも過ぎてそろそろホタルの舞う時期になってきましたね。

といっても蛍の種類や場所によって観られる時期は違いますが、今回は名古屋市内でヒメボタルをみることができる場所や時期、時間などをご紹介していきます。

名古屋市内でヒメボタルがみられる場所は?

名古屋市内でヒメボタルが見られ場所がいくつかあるので、今回はヒメボタルが見られる場所をご紹介していきますね。時期はどこも5月~6月というところが多いようです。

①天白区の相生山緑地

名古屋市内でヒメボタルをみることができる場所として有名なのは、天白区にある相生山緑地です。

相生山緑地でヒメボタルがみられる時期は、5月中旬から6月上旬で、時間帯は21時頃から深夜にかけてです。

夜遅い時間なので、静かにみにいくのはもちろんですが、みにいくときには服装にも注意が必要です。服装は長袖、長ズボンで肌ができるだけでないように気を付けましょう。

ヒメボタルがみられる時期には、現地で『相生山の自然を守る会』の方々が案内をしてくださることもあります。

天白区にある相生山緑地まで公共交通機関で行く場合は、地下鉄鳴子北駅で降りて、バスで笹原まで行きます。ホタルに見入っていて乗り遅れたということがないよう電車やバスの運行時間に注意してくださいね。

名古屋城外堀

名古屋城外堀でもヒメボタルをみることができます。

名古屋城外堀では「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」というグループの方々が、ホタルの観察をつづけていらっしゃって、ホタルをみにきた人たちにも案内をしてくれます。

ヒメボタルがみられる時期は、5月下旬から6月初旬で、時間帯は23:00頃から深夜2:00頃です。

天白区の相生山緑地より時間帯が遅いのは、名古屋城外堀の方が若干都会だから?なのかもしれないですね。

守山区の小幡緑地公園

守山区にある小幡緑地公園でもヒメボタルをみることができます。

小幡緑地公園では、季節に合わせたイベントがいろいろと行われているのですが、ヒメボタルをみることができるイベント「ホタル観賞会」が毎年6月に行われています。

具体的な開催日程は、小幡緑地公園のホームページでご確認ください。

ヒメボタルではないけれど素敵な穴場を紹介

他に名古屋市内には、ヒメボタルではないのですがホタルをみられる場所があります。

私の一番のおすすめは、熱田区夜寒町にある料亭『賀城園』です。こちらの料亭では、ホタルの飛び交う美しい庭園を眺めながらお食事をすることができます。

アクセスもとても便利で、市営地下鉄の西高蔵駅1番出口から徒歩6分、JR熱田駅から北西へ徒歩10分という場所にあります。

結婚式を挙げることもできる場所なので、結婚式を挙げた後にホタルをみながらの披露宴や二次会というのも素敵ですね。

ヒメボタルとは?

ホタルといってもいろいろな種類がいますが、今回ご紹介してきたのはヒメボタルです。そのヒメボタルについて簡単にご紹介しますね。

ヒメボタルは、ゲンジボタルやヘイケボタルより一回り小さくて、大きさは7〜9ミリ。黄金色の強い光の点滅が特徴といわれています。飛ぶ力が弱くあまり行動的な種類ではないため雨が降っている日や風が強い日の夜はあまり動かないのも特徴です。

ヒメボタルの多くは、5月上旬の雨が降った次の日に地上に出てきます。寿命はオスが7日、メスが2〜3日と短いのでホタルがみられる時期も限られていています。

まとめ

今回は、名古屋市内でヒメボタルを見ることができる場所をご紹介しました。

最近は、ホタルを守るためのグループも増え、ホタルの生息地域の保全活動も活発になっているようなので、今回ご紹介した場所以外にもホタルが見られる場所も増えてきていると思います。

現地で案内をしてくださる方がいらっしゃる場合も、いらっしゃらない場合も、ホタルをみにいくときはマナーを守って静かに楽しみましょう。

私は今年も家族と一緒にホタル観賞に行く予定です(^-^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました