安城七夕まつりの見どころやイベント・アクセスなどを紹介

イベント

安城七夕まつりは、日本三大七夕まつりのひとつです。

我が家は毎年この安城七夕まつりを楽しみにしています。

そこで今回は、安城七夕まつりの魅力や見どころ、おすすめのイベントやアクセスなどをご紹介していきますね。

安城七夕まつりとは

安城七夕まつりは、1954年(昭和29年)から始まったお祭りで、津島神社の祭礼にあわせて企画されたものです。

5年後の1959年(昭和34年)からは、安城七夕まつり協賛会が発足したので、お祭りの計画や運営は協賛会が行うようになりました。

その後、1978年(昭和53年)には日本商工会議所主催の「全国郷土祭」で、安城の竹飾りを披露したことをきっかけに全国的に有名になりました。

安城七夕まつり2019 の日程は?

2019年の安城七夕まつりの日程は、2019年8月2日(金)〜4日(日)までの3日間開催されます。

毎年、安城七夕まつりは安城駅周辺の商店街を中心に、8月の第1週の金・土・日の3日間開催されています。

七夕まつりのときに見られる1,000本の竹飾りは圧巻です。

この1,000本の竹飾りが飾られたストリートの長さは、日本一と言われています。さらに、短冊の数、願いことにかかわるイベントの数も日本一です。

安城七夕まつりの見どころやイベントは?

安城七夕まつりは、毎年100万人以上の人出で盛り上がっています。

そして、見どころはやっぱり日本一と言われている竹飾りの『短冊ロード』です。

七夕まつりの期間中ならだれでも参加することができます。願いが書かれた短冊は、お祭りの最終日に竹竿に飾られ、夜になるとライトアップもされます。

今年もギネスの記録更新を目指すということなので、ぜひ参加してみてくださいね!

もうひとつ有名な名物イベントをご紹介します。それは、「願い事ふうせん」です。ふうせんに願いごとを書いて飛ばすイベントで、約3,000個の風船がいっせいに空へと舞い上がる様子はテレビでもよく紹介されています。

この時に一斉にとばされる風船は、ちゃんと環境にも配慮されていて空気や雨によって分解される素材が使われています。一昔前は、一斉にふうせんを飛ばすイベントで飛ばされたふうせんが海に落ちて、カメなどがエサと間違って食べてしまったりということがありましたが、今はそういった心配もなくなっています。

また、「願いごと広場」には新しく「願いごとスクリーン」というものが登場し、願いごとを大型スクリーンにうつしだすというイベントもあります。

このイベントでは、スマホアプリの「安城ARナビ」をインストールして文字や絵を入力するか、専用の用紙に願いごとを書いてスキャナーで読み取ることで、スクリーンに願いごとを写しだすことができます。

他にも「願いごとキャンドル」というイベントもあります。「願いごとキャンドル」は安城七夕まつりの聖地である安城七夕神社で行われるイベントです。

願いごとキャンドルに願いごとを巻きつけて飾ります。このイベントへの参加受付は8月2日(金)15:00〜21:00と、8月3日(土)15:00〜19:00に安城七夕神社にて行われます。

明かりに関するイベントがもうひとつ。8月3日、4日の19:00〜21:00に安城七夕神社参道にいくと、七夕まつりで使用された竹飾りの竹を使った灯籠(とうろう)が設置されています。

こちらもとても幻想的な風景がみられ、インスタ映えにももってこいです。

近くの休憩できる場所を紹介

安城七夕まつりで歩き疲れてしまった場合は、へきしん天の川テラスがおすすめです。

テーブルと椅子が設置されている無料の休憩所や着付けを直せるコーナーも用意されています。

他にも、ライブなどが楽しめるステージや親子で参加できるイベントもたくさん開催されています。子どもたちに人気の子ども縁日や大道芸などもあります。

安城七夕まつりの3日間には、会場内でパレードも開催されます。JR安城駅前から七夕通りを通る安城七夕新参大使市中パレード、農協前からJR駅前を通って末広まで行く安城学園高校吹奏楽パレード、JR駅前から末広を通る立正佼成会安城七夕行進。御幸本町からJR駅前を通るDanSpo ANJOダンスパレードに、JR駅前から碧信前まで行くちびっこおみこしなどがあります。

安城七夕まつりへのアクセス・駐車場

安城七夕まつりへ電車で行く場合は、東海道本線JR安城駅で降りて会場へ向かうか、名鉄の南安城駅を降ります。

車で行くこともできますが、交通渋滞や駐車場問題を考えると公共交通機関をつかって行くのが得策だと思います。

まとめ

今回は、我が家が毎年行っている安城七夕まつりについてご紹介しました。

圧巻の短冊ロードや、願いごとふうせん、幻想的な灯篭など、安城七夕まつりでしか味わえない感動もたくさんありますので、まだ行ったことがない方はぜひ一度行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました