お風呂のカビ対策。天井の掃除法とその予防はこれ。


———————–
お風呂にカビは生えていませんか?特に梅雨の時期は注意をしていても、どこからともなくやって来て気づいた時には天井が真っ黒‥なんてことも。
ここではお風呂のカビの予防と対策をご紹介します。
———————–

お風呂のカビ、特に天井の掃除はどうやるの?

カビにとってお風呂はとても住みごごちの良いところです。
適度な暖かさと、湿度と栄養があるからです。
カビが繁殖する温度は20〜30℃、湿度が70%以上です。
そこに、身体から出た皮脂や垢などを養分として繁殖します。
カビを生やさないためにはこれらの条件を取り除けば良いと言えますが、実際にはそんなに簡単にはいきません。
特に、お風呂の天井の掃除はやりにくいのでついついサボってしまいます。シャワーの水も天井までは充分に届いてくれません。
そこで、我が家ではクイックルワイパーを使っています。
クイックルワイパーに、アルコールをシュッと吹き付けたハンドタオルを付けて、天井をゴシゴシやってます。
クイックルワイパーは柄が長いので椅子などを利用しなくても余裕で天井に届きます。くれぐれも、湯船の縁や、風呂椅子に乗らないでください。滑って危ないです。
それと、天井に洗剤を吹きかけたりする場合は、天井から洗剤が落ちて来たりなんて事もあり得るので、落ちて来ても大丈夫な準備をしてください。もし眼などに入ったら大変です。ゴーグルなど付けて下さい。

お風呂のカビ、はやさないための予防法

カビの生える原因となるのは、お風呂の其処此処に潜む、眼に見えない『カビの原因菌』です。その原因菌のうちに退治できれば黒カビの発生には至りません。
そこで、カビを生やさないために
①温度を下げる。
②換気扇を回したり、窓を開けて湿度を下げる。
③カビの栄養になる汚れを取り除く。
④カビのくん煙剤を使って、お風呂の隅々まで除菌して、カビが生えにくい状態にする。(防カビ効果は1〜2か月続く)

お風呂のカビ お金をかけずに自力で退治

さて、ここまでのご紹介で、先ずはカビができてしまう前にくん煙剤で予防するのが一番かなあ、と思ったのですが、
燻煙材って結構高価ですよね?2か月毎に必要ですし…。
そうしたら、NHKの『ためしてガッテン!』で
週に1度、50℃のお湯を90秒間カビが生えた部分にかけるだけで、カビのタンパク質が変性し死んでしまうと紹介されていました。これならお金も掛からないし簡単ですよね。

最後に

日々の掃除はしていても眼に付かない箇所からカビが生え、気づいた時には自力ではなんともしようがないという時には
ハウスクリーニング業者に依頼するって方法もあります。
筆者は以前、長期入院した時に、退院後自宅に帰ったらお風呂がカビだらけという事があった時に清水の舞台から飛び降りたつもりで業者にお願いした事があります。
2時間の仕事で、ピッカピカにしてくれました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする