初盆(新盆)にやる事や注意事項、一連の流れをご紹介します


初盆とは、故人が亡くなって四十九日の忌明け後に
初めて迎えるお盆のことを指します。
この日は、故人の魂が初めてこの世に戻ってくる日といわれ
古くから日本の慣習として親しまれています。
ここではお盆で行うことや注意する事などをご紹介します。

お盆っていつ?

一般的に8月13日〜16日がお盆(旧盆)の時期とされ、東京の一部地域では7月(新盆)に行います。
また、旧暦の7月15日に行う地域もあります。
地域によりお盆の時期は異なりますので、各地の風習に則り行ってください。
また、特に決まりのない地域でしたら、親族が帰省しやすい時期を選んで取り行っても良いでしょう。

初盆の行事の手順や注意事項

迎え火
13日はお迎えの日・迎え火となります。
午前中は精霊棚の飾り付けや、お供え物をし
祖先の霊を迎える準備をします。
仏壇から位牌を出して、精霊棚の中央に置いて
仏壇の扉は閉めます。
精霊棚に供えるものの一つに精霊馬(しょうりょううま)があります。祖先の霊を迎えるためのもので、
割り箸などでキュウリとナスに足を付けそれぞれ馬と牛とみなします。
『これには、祖先の霊が来る時には馬に乗って素早く、帰る時は牛に乗ってゆっくりと』という願いが込められています。
また、日中はお墓参りをしたり、お墓の掃除をします。
夕方になると松の割り木や麻幹(おがら)で迎え火を焚き
故人の霊が迷わず家に帰ってこられるようにします。
初盆では白提灯を使用します。
故人の霊が戻って来ている期間のため
この間は、灯明を絶やさないようにし、
毎日、水や食べ物のお供えをします。

墓参りと法要
14〜15日の間に揃って墓参りを行います。
同時に僧侶を招いた法要も行い、
祖先の霊の供養を行います。
法要の後には会食を行うこともあります。
この期間は先祖の霊が帰って来ているので火を絶やさないようにして
お供え物や水などは毎日交換します。
初盆法要では、基本的に喪服を着用し参列します。
2年め以降のお盆法要では、暑い時期なので喪服でなくても
白、グレー、黒などを基調とした派手にならない服装で参列しても構いません。

送り火
16日は送りの日、送り火です。見送りをするのは夕方なので、
それまでは最後のお供え物をしたり、お祈りをしたりして、夕方になると送り火を焚き、祖先の霊を見送ります。
この時、使用した白提灯を一緒に燃やす場合もあります。
お寺でお焚き上げをしてもらえるところもあるので、事前に確認をしておくと良いでしょう。
お盆の終わる16日は送り火をして故人の霊を見送りますが、地域によっては「精霊流し」や「灯籠流し」を行います。
有名な京都の「五山の送り火」も、送り火の一つです。

香典(御提灯代)のお返しは?

初盆(新盆)の法要に参列した親族や知人からの香典(御提灯代)のお返しは
一般的には、いただいた金額の半分から3分の1程度の品を持ち帰っていただきます。
ただ、誰にいくら頂くかは事前に分かりませんので2〜3千円程度の返礼品を事前に用意しておき
1万円を超える金額を包んでくれた方には、後日改めて追加の品を送ります。
法要後に会食を行なうような場合にはそれがお返しに当たるため、あえて品物を用意する必要はなく
会食をしない場合にのみ、お酒や仕出し弁当などを持ち帰ってもらうこともあるようです。

また、お返しの品としては消耗品が良いでしょう。
いつまでも残る物だと、故人が亡くなった辛い気持ちを引きずってしまいますので、
使い切ってしまえる物が良いようです。
例えば、洗剤・石鹸・調味料・食品(海苔、お茶、素麺、お菓子)などです。
食品の場合はなるべく日持ちのする物を選んだ方が良いでしょう。
また追加でお返しを送る場合は、お盆が明けてから月末までに送るのが望ましいです。

招く側も、招かれる側も不慣れな初盆(新盆)です。
何をどうしたら良いかもわからないので失敗する事もあるかと思いますが
一番大切なのは、この世に戻って来てくれた故人やご先祖との時間を大切に過ごすことだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする