めんたいぱーくとこなめでは試食ができてフードコートで食事もできる

明太子に特化したテーマパーク、『めんたいパークとこなめ』に行って来ました。広い駐車場にぽつんと建っている、壁が地元の常滑焼でできた四角い白い建物、ん? 屋根には何だか真っ赤なオブジェが‥。

めんたいパークとこなめとは?

明太子の老舗かねふくが展開する明太子のテーマパークの一つ『めんたいパークとこなめ』は中部国際空港セントレアの近くで、コストコの横にあります。その、

・所在地は?    〒479−0882 愛知県常滑市りんくう町1−25−4
・Telは?       0569−35−9900
・営業時間は?     平日 9:30~17:30
土日 9:00~18:00
・休館日は?      なし <年中無休>
・入場料は?      無料
・駐車料金は?     無料
・駅からのアクセスは?    名鉄常滑線・・多屋駅より徒歩12分(920m)
名鉄空港線・・常滑駅より徒歩14分(1100m)
名鉄空港線・・りんくう常滑駅より徒歩15分(1200m)
・車でのアクセスは?     西知多産業道路から国道247号を経由し、多屋交差点を右折して約1km
大府西IC~半田中央J.C.T~セントレアライン、りんくうICを降りて北へ約500m

めんたいパークとこなめで何が試食できる?

めんたいパークとこなめの内部は、売店エリア、めんたいミュージアム、工場エリア、フードコーナーの4つのエリアに分かれています。
売店エリアでは、工場できたての明太子やかねふくオリジナルの商品が勢揃いしています。工場直売だからこその新鮮なできたて明太子や、家使いのお徳用の切れ子が購入できます。その、明太子の試食もあります。器にたくさん盛られていて、なくなるそばから補充されるので、そんなに遠慮することもなく味見ができます。そのほか、しゅうまいの具材に明太子が使われた『明太しゅうまい』、いかの短冊に明太子が絡み付いた『いか明太』、脂ののった旬のいわしの腹の中に明太子を詰め込んだ『いわし明太』、『さば明太』、『焼き手羽めんたい』など、明太子専門店ならではの品揃えです。その新鮮さ、美味しさは、デパートで売られている明太子なんてめじゃないです。
他にも、自宅に買って帰るお土産品として『明太せんべい』なんてのもあります。子供が喜びそうですね。
また人気の『明太マヨネーズ』なんてのもあります。明太マヨネーズの試食としては、茹でたペンネを明太マヨネーズで和えたものがありましたが、試食してみてあまりにも美味しく、レシピも簡単なので自宅に帰って早速作ってみました。案の定、家族には好評でした。
さて、そんなめんたいパークとこなめが2018年も『できたて明太子MIX』20%増量セール&ガラポン福引大会を行います。期間は7/2(金)〜9/2((日)までです。空クジなしで、1等は明太子1kg、¥5000相当です!

めんたいミュージアムは、明太子のふるさとや、明太子の作り方が学べる見学ギャラリーとなっています。北の海の様子や、スケソウダラの生態、明太子に関する豆知識が学べる楽しい映像やゲームなどが盛りだくさんです。夏休みの自由研究もここでできちゃうかも、です。ちなみにこの『明太ミュージアム』は大人:¥500  小人:¥300 (お土産付き)の入場料が要るそうです。(筆者が行った時には無料開放中でした。)

工場エリアでは明太子の製造工程が見学できます。原卵の下ごしらえから漬け込み・熟成・包装などの製造工程を目の前で見学できます。スタッフのつけているエプロンが色分けされていて、それぞれ仕事内容がわかるようになっています。

めんたいパークフードコーナーは明太味ばかり

さてフードコーナーですが、ここは明太子を使った軽食コーナーです。魚沼産コシヒカリ使用のジャンボ明太子おにぎりや明太豚まん、明太ソフトクリーム、こだわり3種の明太パスタなどなどが食べられます。ランチのセットもありますよ。また、なかでも明太ソフトクリームはここでしか味わえない一品です。クリームの中に混ざった明太子の粒々が口の中でさほど邪魔にならず、微かなピリ辛塩味がむしろ美味!です。お茶など飲み物は無料の自販機で飲み放題です。

まとめ

子どもから大人まで楽しめるめんたいパークはいかがでしたか?隣にはあのコストコもあります。お買い物がてらに寄ってみてはどうでしょう?そして、電車で来たけれどいっぱい買い過ぎて重くて持って帰れないというそこのあなた!大丈夫です。めんたいパークは抜かりなく、宅配便も受け付けてます。
身軽になって次はどちらへ行きましょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする