蒲郡まつり納涼花火大会の日程は?見どころや駐車場は?


毎年7月の最終日曜日に開催される蒲郡納涼花火大会。今年のテーマは『華』と決まり、どのように演出されるのか今から楽しみでもあります。
ここでは蒲郡納涼花火大会2018の見どころなどをご紹介します。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

蒲郡納涼花火大会2018はいつ?

第36回蒲郡納涼花火大会2018の日程は、例年同様に今年も7月最終日曜日です。

●日程  7月29日(日)   雨天決行(荒天時は翌日に順延)
●場所  蒲郡市民会館周辺
●時間  19:30~21:00
●玉数  約5000発
●目玉  正三尺玉(直径約90センチ 重量約300キロ)→花開くと直径約650メートル、なんと東京スカイツリーより大きいのです。
1日に種類の異なる三尺玉が3発も打ち上がります。
これは太平洋側では最大級の大きさです。

蒲郡納涼花火大会の見どころは?

蒲郡納涼花火大会の見どころは、何と言っても一晩で正三尺玉が3発も打ち上がることです。眼前を覆い尽くすほどの花火と轟音を響かせながらの衝撃は一見の価値があります。そしてそれに引けを取らない、ミュージックスターマイン水上スターマインも楽しみですね。
蒲郡の花火は海岸沿いに長距離に渡って見ることができるので、ゆったりと余裕を持って観られます。
竹島辺りで見るのも良いし、競艇場でナイターSG場外見ながら観るのも良いし。はたまた、蒲郡市街や竹島、三河湾を見下ろすとよおか湖辺りの山からも観ることができます。
スターマインなどが見られる打ち上げ会場付近(蒲郡駅南の港)は大混雑になります。丸い三河湾の真ん中辺りで打ち上げるので、海岸沿いならずーっと見れます。蒲郡花火は特に始まる前のカウントダウンをぜひ見て欲しいです!これは近くで見ないと見にくいと思います。10、9、8‥と花火で数字を表現して打ち上げてくれます。観覧者からのカウントダウンで一体感が生まれ会場が盛り上がります。

蒲郡納涼花火大会のアクセスや駐車場は?

●電車の場合  JR蒲郡駅より徒歩5分
名鉄蒲郡駅より徒歩5分

●自動車の場合  東名高速音羽蒲郡ICから20分

●駐車場  花火大会会場近くに16か所の無料臨時駐車場があり約4500台収容可能
1.三谷グラウンド駐車場  100台
2.西田川河口駐車場   500台
3.蒲郡市営竹島駐車場   200台
4.竹島ベイパーク駐車場   300台
5.蒲郡駅南公共駐車場   170台
6.蒲郡市民会館駐車場   350台
7.蒲郡市民会館臨時駐車場   100台
8.蒲郡市役所駐車場   100台
9.蒲郡市役所職員駐車場   160台
10.浜町テニスコート駐車場   50台
11.蒲郡緑地駐車場   50台
12.蒲郡市保健医療センター駐車場   100台
13.ボートレース蒲郡駐車場   1600台
14.サンヨネ蒲郡店駐車場   250台
15.イオン蒲郡店駐車場   50台
16.アピタ蒲郡店駐車場   300台 (屋上駐車場からもよい眺めです)

まとめ

蒲郡の夏の風物詩である蒲郡納涼花火大会は今年は『華』がテーマ。夏の夜空を覆い尽くす3種の三尺玉は必見の価値ありです。4500台もの無料駐車場があり、駅からは5分と近い、そんな好条件の花火大会を見逃してはなりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする