長良川全国花火大会2018の日程は?見どころや駐車場は?


例年8月の第一土曜日に開催される長良川全国花火大会。今年のテーマは『新時代への鼓動』と決まり、どのように演出されるのか今から楽しみでもあります。ここでは長良川全国花火大会2018の見所などをご紹介します。———————–

長良川全国花火大会の日程は?

第73回長良川全国花火大会2018の日程は、例年同様に今年も8月第一土曜日です。
●日程 8/4(土)雨天決行、荒天・増水時は8/18(土)に順延
●場所 岐阜市長良橋下流(長良橋〜金華橋間)
●時間 19:30〜20:45
●玉数 非公開
●目玉 正三尺玉(直径約90センチ 重量約300キロ)
●主催 岐阜新聞・岐阜放送
●前年の人出 35万人
●トイレ 10ヶ所(約100基)
●露店 600店

長良川全国花火大会2018の見どころは?

第73回長良川全国花火大会では、平成としては最後の花火大会となるため、200m強のワイドスターマイン3基により平成の30年間を振り返ります。
オープニングは岐阜テレビ開局半世紀を祝う200m超えのワイドスターマインの他、特大スターマインの連続打上げで始まります。20:00頃からは長良川を横切る300m弱のナイアガラの滝花火の後に、地元、岐阜小学校6年生の児童たちが『ふるさと岐阜』をテーマにデザインしたスターマインが「ふるさと」の合唱とともに華麗に打ち上げられます。
打ち上げ場所は、長良橋と金華橋の間の左岸で、都ホテルの裏辺りが正面になりますので、最高の観覧場所としては
●長良川右岸堤防下(長良川〜岐阜都ホテル前)ですが
●岐阜メモリアルセンター①サンサンデッキ
②長良川球場内野席(無料)
③芝生広場
●岐阜城(入館料 大人¥200 pm10:00まで営業)
●金華山ロープウエー(有料)pm10:30まで営業

長良川全国花火大会アクセスは?駐車場は?

●JR岐阜駅・名鉄岐阜駅より臨時シャトルバス運行。(所要時間20分、運賃は大人片道¥210)
●東海北陸自動車道「岐阜各務原IC」から約16分
駐車場は無料臨時駐車場が
①岐阜県庁アリーナ北駐車場
②岐阜市一日市場駐車場(北岸)
あり、合わせて約2000台駐車可能(当日午後2:00から利用可)

まとめ

さて、花火大会が終わって帰宅の途に着くのがまたまた大変なことになりまして、シャトルバスに直ぐに乗れるかというと、乗るまでに40分かかり、来た時と同じように10分で駅に着くかというと渋滞で30分もかかってしまい、電車にやっと乗れても押し合い圧し合いで浴衣の裾はめくれ、ヒーヒー言いながら家に着いたのは午前様だったなんて経験があります。小さな子供が居たりするなら現地で一泊できると余裕もできて良いのですが、でも、そうも言ってられないならば、事前によく下調べしてお出かけして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする