世界コスプレサミット2018は”MANGA”の聖地、日本・名古屋で開催決定!

コスプレとは、漫画やアニメ、ゲームなどの登場人物やキャラクターに扮する行為を指します。コスプレはコスチューム・プレイを語源とする和製英語ですが、今や世界中で通用する単語となり、cosplayはイギリスの辞書に載っている英単語です。
そんなコスプレイヤーたちの祭典、世界コスプレサミット2018が今年も始まります。


世界コスプレサミット2018はいつ、どこで開催される?

世界コスプレサミット2018は、
7月28日(土)ラグーナテンボスで行われる、ラグコス2018を皮切りに
8/1 博物館明治村(明治村cosplay2018)
ブルーレマン名古屋(結婚式場撮影パーティー)
8/3 コスサミ前夜祭&地下街コスプレパレード
(セントラルパーク地下街)
8/4〜5 特設ステージ(オアシス21)
8/5 大須コスプレパレード(大須観音・大須商店街)
8/5 コスプレチャンピオンシップ(ドルフィンズアリーナ)
9日間、”MANGA”の聖地である日本・名古屋で開催されます。

世界コスプレサミット・ラグコスの見所は?

先ずは7/28のラグコスは、昼の部(10:00〜21:00)と夜の部(22:00〜翌6:00)に分かれていてそれぞれ趣向が凝らされ楽しめるのですが、オールナイトで普段では撮影できない場所の撮影ができたり、花火が打ち上げられたり、プールをライトアップしたり、『冬ラグーナ』で大好評だった『青の宮殿』も登場したりと楽しみどころがいっぱいです。
夜の部では3Dマッピングも3回(上映されるので光のショーを楽しみながらの撮影もアリです。
また夜の部ではアトラクションの運行はストップされるのでアトラクション内部に潜入しての撮影が可能です。
夜の町並みを背景にして、はたまたラグナシア横に就航中のサウザンド・サニー号に乗り込んでの撮影と楽しい企画が盛りだくさんです。
ただ、「夜の部」・「フル参加」は18歳未満の方は参加ができません。
また、参加される際にはファミリーマート・サークルk・サンクスでのみ7/20まで販売している前売りチケットが必要です。但し、パイレーツプラストでの撮影権は7/1までに前売り券を購入された人のみの特典です。

世界コスプレサミットオープニングセレモニー

世界コスプレサミットのファーストイベントは7/28貸切のラグーナテンボスでのオープニングセレモニーです。
オープニングセレモニーは、サウザンドサニー号前で16:00から始まります。世界35か国、各地の今年の代表コスプレイヤーが一同に介する最初のイベントです。
その後、夜の部ではアートシアターでコスプレイランウエイ・パフォーマンスステージが開催されます。
また宮殿ステージでは、今年も夜通しぶっ続けでアニソンDJブースを実施します。

まとめ

コスプレをして楽しむひとたち(コスプレイヤー)を通して新しい国際交流を創造するため、2003年日本・名古屋で誕生したのが「世界コスプレサミット(通称:コスサミ、WCS)」です。今年で16年目になり参加国も増えました。実施されるイベントも増え、今回ここではラグコス2018についてご紹介しましたがこの後もイベントは目白押しです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする