ワンファイナンシャル(株)山内氏のレシート買取アプリはどうなの?


———————–
レシート買取アプリoneのサービスが一時的に停止されました。開始(2018.6.12)から16時間で約8.5万ダウンロード、約7万人のユーザーから24万枚以上もレシートを買い取ったのです。6/13 19:00現在では14万のダウンロードでダウンロードが止まらなかったのです。それが現在、一時的にではありますがサービスが停止されているのです。
———————–

ワンファイナンシャル株式会社ceo山内奏人氏って?

ベンチャー企業ワンファイナンシャル株式会社、創業者兼 CEOの山内奏人氏は、今年の3月アメリカの経済誌フォーブスに『アジア経済に影響を与えた凄い10代』と掲載された、世界から注目されている17歳(高校3年)です。
6月12日、自身が開発したレシートの買取アプリのサービスを開始。開始から16時間で24万枚以上も依頼が来て買い取り、
6月13日の19:00現在、アプリは14万ダウンロードもされ、現在もさらに増えているそうです。
山内氏は身近にあるもので、皆が要らないと思っていても、実は価値があるものを探していたとのことでレシートに注目したそうです。

oneレシート買取アプリとは?

そんな山内氏の手掛けたoneレシート買取アプリとは、財布に溜まったレシートが一瞬でお金に変わるアプリです。

先ずは、①レシート買取アプリをダウンロードする。
②携帯電話番号を登録する。
③レシートの写真を撮って送る
④口座にお金が入る

ただ、レシートは一人当たり1日10枚までと枚数制限があります。1日10枚送ったとして1年で3万6500円。現金化する際に手数料が200円掛かりますが、4人家族で年間、最大で14万6000円がゲットできるという計算です。
これは黙って指をくわえて見ているわけにはいきませんよ!

現金化する際のシステムは、運転免許証と保険証などの本人確認書類の画像と銀行口座を登録することで現金化できます。
ここで、レシートの内容と個人情報がリンクして、いつ・どこで・だれが・なにを買ったか、そのデータを山内氏の会社に売ることになります。

個人情報は大丈夫なの?

ここまで聞いて、詳細な自分の個人情報が流出してしまわないかという心配が湧いてきませんか?
データは個人が特定できないよう抽象化され購買データとしてメーカーや広告系、ID系企業に販売されます。
山内氏は、個人情報保護法は厳密に考えていて、以前、クレジットカードの事業を手がけていたとき、カード会社で使うセキュリティーを利用していたが、その時に情報の流出は一度もなかったので今回も不安は感じていないとのこと。
しかもあくまでも利用者が了解した上でレシートを送っているので個人情報はクリアしているようです。

oneレシート買取アプリの現在は?

さて、このレシート買取アプリですが、サービスを、現在一時的に停止しています。
期間は2週間とのことです。アプリをダウンロードしてお待ちくださいとのことです。
ただ、残念なことにこのアプリ、アンドロイドにはまだ対応していません。
将来的には利用者の生活パターン・行動パターンに添って、広告を狙って出していくことになるようです。

Pinned Tweet

山内奏人 Soto Yamauchi

@5otoyam
Jun 11
More
【新サービス】新しいサービスをリリースしました!お財布に溜まってるレシートが一瞬でお金に変わるアプリです!宜しくお願いします!詳しくはこちら→Translate Tweet

39 replies 650 retweets 1,493 likes
Reply 39 Retweet 650 Like 1.5K Direct message

山内奏人 Soto Yamauchi

@5otoyam
3h3 hours ago
More 山内奏人 Soto Yamauchi Retweeted ehimegin
停止中の今でもダウンロード受け付けております!

ダウンロードはこちらから → http://wow.one/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする