お中元を贈るタイミングは?人気の品は?金額は?


中元とは・・道教に由来する年中行事で、三元の一つ。もともと旧暦の7月15日に行われていたが、現代の日本では新暦の7月15日または8月15日に行われる。この時期にお世話になった人々に贈り物をする習慣を特にお中元とも呼ぶ。

お中元を贈るタイミングはいつが良い?

この記事を読んでいるあなたがどちらにお住いの方かは存じませんが、関東では7月13~15日に盆の行事を行い、それ以外では8月13~15日の後れにお盆行事を行います。
個人的なお中元は関東では6月末~7月初めに、それ以外は7月初旬~8月初めにします。
(企業の場合は関東に準じています)
その辺の風習はデパートのお中元売り場の方が詳しいので一度ご相談されることをお勧めします。

全国的には7月初めから7月15日頃までに統一されつつありますが、早割りキャンペーンなどでお得に購入できるケースも多くなってきていて、
近年では全国的にも6月下旬等に贈る人も増えて、年々早まる傾向にあります。
お中元のマナーの一つとして「贈り物を近いうちにお届けする」ことをお伝えするために、品物よりも先に葉書や手紙で送る、送り状があります。
受け取る相手の都合も考えて事前にお知らせすることで、受け取る準備をしてもらう目的もあります。

夏の贈り物、お中元の人気の商品は?

夏の贈り物としてのお中元で人気の商品は食品では、「うなぎ」「そうめん」「アイス」「ゼリー」「桃」「マンゴー」など、夏らしい季節を感じさせるものが人気です。食品以外では、洗剤・タオルなどの日用品や、相手が好きな物を選べるカタログギフトも人気です。
最近は特に、「ここでしか買えない限定品」や「ご当地ギフト」が売れ筋で、
全体的には、 思わず写真を撮りたくなるような ”映える商品” が人気上昇中です。
お中元の儀礼的な意味合いが薄れる一方で、親しい人に気軽に贈る傾向が強まっていることに店側が注目。定番のビールなどと比べて洋菓子の人気も高まっているといい、カジュアルで見栄えのする品で需要喚起を狙っています。
ただ、品を贈るに当たって一番重要なのは、相手が喜ぶかと言うことだと思います。コーヒー嫌いの人に、一杯7万円もすると言う希少コーヒー(あるのです、世の中には。こんな高価なコーヒーが)を贈ったとしても、その良さは判らないでしょうし処分に困った挙句、ゴミ箱へポイっ!なんて事にならないとも限りません。
家族は何人なのか?子供はいるのか?お酒は飲めるか?など相手の状況を考慮して選ぶことは必要なので、日頃から趣味趣向をそれとなく伺っておくようにすると良いかもしれません。

お中元の一般的な金額相場は?

お中元の一般的な金額相場は3000円〜5000円です。贈る相手や、お付き合いの度合いによっても違ってきますが、お中元は毎年贈り続ける物なので、お互いに負担にならない程度にすることが大事です。
また、年によって金額にばらつきがあるのも困りものです。前年よりも安いものを贈るのも失礼に当たりますので、贈る側も送られる側も、双方が負担にならない程度の金額で、心のこもった品物を贈り続けられることが、長いお付き合いをしていく上で大事なことではないでしょうか?

まとめ

一言にお中元といっても、そのマナーから、金額や相手の嗜好など、考慮することはいろいろあるようです。
ただ言えることは、一番重要なのは、あなたの心を贈ることだと言うことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする